梶原妙子

1967年 京都出身
1990年 京都市立芸術大学卒業
1995年 佐賀県唐津市にて独立
2001年 九州山口陶磁器展第2

轆轤を使わないタタラ作りをしており、表面に化粧土を打ち付けた作品、粉打が代名詞。

「暮らしの中で愛でられる器」をモットーに作陶されています。