四季の移り変わりを“うつわ”と共に。

料理を追求するプロフェッショナルの方からご家庭で楽しまれる方まで
全国各地の作り手をめぐってきたうつわ御結から皆様に
その風土と技が込められた四季折々の物語をお伝えしていきます

料理とうつわ

業態・利用シーンから選ぶ

Collection Image

日本料理

Collection Image

寿司

Collection Image

居酒屋

Collection Image

焼鳥

Collection Image

中華

Collection Image

イノベーティブ

作り手で選ぶ

岡本 作礼

唐津焼を代表する作家の一人。陶芸と聞いて思い浮かべる轆轤や窯焚きなどではなく、表にはなかなか出ないところを丁寧にやることを大事にし、原土の調達や釉薬の原料となる長石の採取・研究、焼成に使う薪選びなどに十分に手間暇をかけています。唐津ならではの特性と土着性の表れた作品をつくっています。

作品一覧を見る

辻村 塊

国内外で高い評価を得る作陶家である父・辻村史郎氏の次男。鳥のさえずりや虫の音が聞こえ、風を感じながら、自然に囲まれた工房で作陶しています。土からそのまま生まれたようなやわらかさ、土のもつ素朴なあたたかみ、炎の力強さが魅力です。土のなりたいようになったのではないかと思うほどの造形は、馴染みが良くつい手に取りたくなるようなものばかり。井戸、志野、伊賀、信楽、粉引、唐津など幅広い焼物を手掛け、いずれも料理映えするものばかりで多くの料理人から選ばれています。

作品一覧を見る

山口 真人

一度見たら忘れられない代表的な織部や御深井。琳派織部と名付けた伝統文様と織部の融合作品など、伝統技法を独自に昇華させた唯一無二の作風が魅力。 赤みのある鼠志野なども見どころが多く楽しめます。力強い作品を存分にお楽しみください。

作品一覧を見る

うつわ御結にできること

うつわ御結では、多くの料理店様にご贔屓いただいている豊富な納入実績と、全国各地の作り手を訪ね歩いた幅広い知見を活かし、料理を引き立てるうつわのご提案をさせていただきます。

幅広い種類のうつわのご提案

 

日本料理をはじめ中華、イノベーション、フュージョンといった多様な料理に向けたうつわを、南青山本店すぐのギャラリー「御結 Hanare」にてご覧いただけます。

お客様の理想を叶える

 

当店は「在庫がある事」を重視しており、一般的なギャラリーが行う委託仕入ではなく、全量買取で仕入れを行っております。

開業に伴うおまとめ、こだわりを表現する特注、サイズの微調整も承っております。

海外発送・英語対応も承ります

 

海外発送に対応する梱包や出荷手続きを行います。

また、英語による接客、プレゼンテーションも承っております。

特集

春の訪れを彩る心温まるうつわ

Banner Image

Instagram

-うつわたび 宮坂さんのうつわ選び-

-うつわたび 宮坂さんのうつわ選び-

食とうつわを巡る旅としてスタートした「うつわ羇旅 UTSUWA KIRYO 」。第二回目の うつわ たび は、うつわの使い手である料理人と会って、それぞれのうつわの考え方、うつわ選びを伺ってきました。

続きを読む

-うつわたび 酒井さんのうつわ選び-

-うつわたび 酒井さんのうつわ選び-

食とうつわを巡る旅としてスタートした「うつわ羇旅 UTSUWA KIRYO 」。第二回目の うつわ たび は、うつわの使い手である料理人と会って、それぞれのうつわの考え方、うつわ選びを伺ってきました。

続きを読む

- うつわ たび 佐賀唐津編 4 -

- うつわ たび 佐賀唐津編 4 -

食とうつわを巡る旅としてスタートした「うつわ羇旅 UTSUWA KIRYO 」。 第一回目の うつわ たび は、つくり手八分、使い手二分と言われる佐賀県の唐津焼です。 我々は5人の作家さんに会うべく、唐津の町を旅してまいりました。今回ご紹介するのは、岡本作礼氏の「作礼窯」です。  

続きを読む

店舗情報

うつわ御結はオンライン販売だけでなく、東京に南青山本店・御結Hanare、そしてアートの街、香川県高松市に分店御結、うつわと古物 温故知新とそれぞれ個性の異なった店舗を構えております。

店舗では実際に様々なうつわを手に取って、重さや温もりを感じたり、ガラス質の貫入の綺麗な音色を耳にすることができます。

ぜひ、店舗へも足をお運びくださいませ。

うつわ御結 TOKYO

〒107-0062 東京都港区南青山5-4-29 骨董通り

営業時間 : 12時〜18時

定休日:火曜日

最寄り駅:東京メトロ「表参道駅」から徒歩6分

うつわ御結 分店

〒760-0024 香川県高松市兵庫町2-1

営業時間 : 12時〜18時

定休日:火曜日、水曜日

gallery studio 御結Hanare

〒107-0062 東京都港区南青山6丁目12−12 南青山マンション 205号
※完全予約制

うつわと古物 温故知新

〒760-0024 香川県高松市兵庫町2-1
定休日:火・水曜

店主挨拶
 

ある日、「なんだ、これは!」と、ただならぬオーラを感じた器に出会いました。
人の手から作り出される器に、ここまでパワーがあるのか!と驚きました。

のせる器によって料理は全く違うものに見えるという感動の体験から、
どんどん器の世界にハマっていきました。

日本の伝統的な焼き物文化である器は、
美しさと実用性、機能性を兼ね備えた毎日使う実用のアートのようなものです。

そして、日本は全国各地に様々な素晴らしい作り手が存在しています。

器がもたらしてくれる喜びや感動で人の笑顔を結んでいけたら、
そんな思いからお店の名前を「御結」と名付けました。

「御結」で取り扱わせていただいている器は、
100年以上に渡り、日本橋界隈の老舗料理店などからご信頼をいただいた経験を元に
全て窯元や作家さんと実際にお会いし、お話しをしながら選ばせていただいたものです。

日々の暮らしの中で、食卓と気分を鮮やかに彩ってくれる器を長く大切に使うこと、
その価値がこれまで以上に豊かな意味を持つようになってきているように感じています。
みなさまの暮らしに寄り添う逸品と出会うお手伝いができたら幸せです。

創業明治二十九年 京橋白木株式会社

四代目 店主 竹下雷太