器のアレコレ

「作家」と「職人」


作家は素材の選定や調達からはじまり、デザイン成形釉掛け焼成まですべてを行なっています。

一方、職人と呼ばれるのは手仕事による量産型で注文通りに制作します。
規模は様々ですが窯元と言われる組織では、ろくろ師、絵付け師など分業制も多く、手仕事でありながら同じクオリティで生産されています。

また、窯元としての量産品(窯物)も出しながら、個人作家としても活動している方もいらっしゃいます。

作家物はサイズやカタチ、焼き色、歪み方などが一点ごとに異なります。作家による遊び心を加え、敢えて変えていることもあり、世界に一つだけの風合いを楽しむなら作家物、同じクオリティのものなら量産型という選び方ができます。


ピンホール


焼物の器には「ピンホール」と呼ばれる1ミリ程度のへこみがある場合もあります。
これは釉薬をかけたときに生地についた有機物が焼かれ、小さなへこみとなる現象です。
これも窯の中で起こり得る自然にできたデザインとして、意図的に表現する手段として用いることがあります。


目跡(めあと)


器の中心部にかけて小さな跡がついています。
これは器を重ねて焼く際に、器同士がくっつかないように小さな耐火性の土を挟んで焼くことでできるもので目跡と呼びます。
この目跡は量産品では見られないものです。


鉄粉


まさに鉄が粉のように吹き出しているものです。
これは粘土や釉薬に含まれる鉄分が焼かれることで酸化し、表面に現れるものです。
量産品や白さにこだわるものでは粘土の時点で徹底的に精製して鉄分を除去したものを使います。
作家物の鉄粉が出ている器は、それ自体を土が生み出す風合い・質感を味わいとし、あえて鉄粉の出る土にこだわって使っています。

貫入(かんにゅう)


焼成時に起こる素地と釉薬の収縮率の違いによって生まれる、釉薬のガラス質のヒビが入ること貫入といいます。自然に生まれる貫入をデザインとして表現手法として用いることは多く、一つとして同じにはならない貫入は見どころのひとつです。

この他にも、釉薬が流れた跡や溜まり具合、濃淡、絵付けのかすれ、窯の中では火の当たり具合も温度も均一ではないため、焼ムラも出ます。
これは窯物であっても同様で、手仕事で行っている以上まったく同じものというのはありません。


これらも焼物の面白さであり自然から作られる美しさとして、一つひとつの「景色」をお楽しみください。