9月 11, 2023

- うつわ たび 佐賀唐津編1-

 食とうつわを巡る旅としてスタートした「うつわ羇旅 UTSUWA KIRYO 」


第一回目の うつわ たび は、
つくり手八分、使い手二分と言われる佐賀県の唐津焼です。

我々は5人の作家さんに会うべく、唐津の町を旅してまいりました。

今回ご紹介するのは、村山健太郎氏の「健太郎窯」です。



------------------------------
「健太郎窯」


唐津湾と虹の松原が一望できる高台に釜を構える
「健太郎窯」 の村山健太郎さん。
伝統的な唐津焼の技法や素材を大切にしながら
「用の美」を探求し現代における生活道具の創造を続けています。


「できるだけこの地でしかできないことをしたい」
土の素材感と魅力を引き立たせるため余計な装飾を省枯れた、
それでいて手の温もりを感じる健太郎さんの うつわ たち。


自分らしい美意識が成熟するのを待ちながら、
時間をかけてゆっくりと楽しみたいです。



 

==========
村山健太郎
Murayama Kentaro
==========

1978年 佐賀県唐津市生まれ
2003年 有田窯業大学校卒業・川上清美氏に師事
2008年 唐津市に築窯、独立

作品はこちら

------------------------------

「うつわ羇旅 UTSUWA KIRYO 」のタブロイド紙では、
編集長/ブランディングディレクターの行方ひさこによる
作家それぞれの個性を引きだしたインタビューや旅の様子を掲載しています。

interview & text Hisako Namekata